2012年04月25日

前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと

前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと



〜入浴介助は、優しく、ゆっくり〜

入浴介助で必要なのは、「慎重さ」です。
いきなりお湯をかけるのは厳禁。足元からゆっくりと湯で温めて、
急激な温度変化を感じさせないように気を配ってください。
優しく、ゆっくりと湯船につからせ、身体を洗う場合も力まかせにゴシゴシこすらずに、
優しく丁寧に洗ってください。
利用者の様子が、少しでも「変だな」と思ったら、すぐに中止するように心がけましょう。


〜皮膚の状態にも注意〜

身体を拭くという、「清拭(せいしき)」は、ついつい気を緩めがちですが、
実は入浴介助と同じくらい気を使うべき作業です。
高齢者の場合は、肌が弱くなっている人も多いので、力まかせに清拭するのは、厳禁です。
床ずれなどの症状が見られることもありますので、力の入れ具合や、拭く方向などが、
ホームヘルパー研修で教えられるので、しっかりと覚えてください。


入浴、清拭いずれも、衣服を脱いでの介助になるので、
利用者のプライバシーにも十分配慮する必要があると前多清志は考えています。




前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像
posted by 山村正 at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。